インターシティ・エキスプレス(ICE)予約・ルート検索 | MAXVISTA欧州エキスプレス
MAXVISTA欧州エキスプレス WEBサイトは、より便利にリニューアル致しました。
新WEBサイトは こちら よりご覧ください。

ヨーロッパ地図から乗車券を探す

ヨーロッパ

人気の鉄道パスの情報も掲載中

カテゴリーから探す

スマ-トフォンサイトはこちら

スマ-トフォンサイトQRコード

MAXVISTAのスマートフォン対応サイトができました。海外のチケットがスマホでも購入出来ます。

プレミアムトレイン

インターシティ・エキスプレス(アイ・シー・イー)

ICE
ice
 

人気のルートから探す

出発・到着地の名前から登録
フランス ( FRANCE )
スイス ( SWITZERLAND )
オーストリア ( AUSTRIA )
デンマーク ( DENMARK )
ベルギー ( BELGIUM )
チェコ共和国 ( CZECH REPUBLIC )
オランダ ( NETHERLANDS )
ポーランド ( POLAND )
フランス ( FRANCE )
スイス ( SWITZERLAND )
オーストリア ( AUSTRIA )
デンマーク ( DENMARK )
ベルギー ( BELGIUM )
チェコ共和国 ( CZECH REPUBLIC )
オランダ ( NETHERLANDS )
ポーランド ( POLAND )
 
 
 
※検索結果には同じルートを走るすべての列車(在来線など含む)が表示されてまいります。
 ご予約の際には列車の名称(便名)を必ずご確認ください。

*上記内容は予告なく変更となる可能性があります。予めご了承くださいませ。

 
 

ルートと所要時間

区間 所要時間
フランクフルト~ケルン 約1時間10分
フランクフルト~ミュンヘン 約3時間10分
フランクフルト~カールスルーエ 約1時間10分
ベルリン~ケルン 約4時間20分
ベルリン~ライプチヒ 約1時間15分
ベルリン~ハンブルグ 約1時間30分
ベルリン~ハノーバー 約1時間35分
ミュンヘン~ザルツブルク 約1時間35分
ケルン~ハンブルク 約4時間
フランクフルト~パリ 約4時間5分
シュトゥッツガルト~チューリヒ 約2時間45分

ICEは任意予約制(乗車券や鉄道パスのみでも乗車可能)です。混みあうことも多いので座席指定券の購入がおすすめです。

料金体系

料金プラン 内容
乗車券 変更及びキャンセルは、日本出発5日前までに弊社宛にチケットを送付下さい。(別途手数料がかかります。)
座席指定券

発券後の変更及びキャンセルはできません。
変更の場合は、別途指定券をご購入ください。

パスホルダー料金について:

ICEには次の鉄道パスにてご乗車いただけます。

  • ユーレイルグローバルパス
  • ユーレイルセレクトパス(ドイツが選択されているもの)
  • ジャーマンレイルパス
  • ユーレイルジャーマン-ベネルクスパス
  • ユーレイルジャーマン-デンマークパス
  • ユーレイルフランス-ジャーマンパス

*多くのICEのチケットは、乗車券と座席指定券を別々に購入するようになっています。ご乗車にあたり、乗車券またはパスのみでご利用いただけますが、乗車しても座れないということもありますので、指定されることをお勧めします。
なお、座席を指定する場合は別途座席指定料金がかかります。また、ICEスプリンターにご乗車の場合には、予約が必須となります。この場合、事前に別途座席指定券をご購入していただく必要があります。


*鉄道パスを利用する場合は、利用する日までに鉄道パスのバリデーション(注)を済ませておく必要があります。


(注)パスのバリデーションについて:

パスは、そのままではご利用になれません。ご乗車の前に必ず駅窓口でパスポートとパスを提示し、乗車開始の手続きをする必要があります。 また、フレキシータイプのパスをご利用の場合、乗車日ごとに日付を記入する必要があります。
なお、パスは発券後6ヶ月以内に使用を開始しないと期限切れになってしまいます。期限の切れたパスの再発行はできませんので、十分注意してください。
弊社でもバリデーション手続きを承っておりますので、ぜひご利用下さい。(要別途手数料)
また、バリデーション手続きを行ったパスは払戻できませんので、ご注意下さい。

*上記内容は予告なく変更となる可能性があります。予めご了承くださいませ。

具体的な料金は 区間乗車券を検索から
 
 

車両設備およびサービス

ほとんどのICEに肘掛にオーディオ用プラグジャックとコントローラーをご用意。

各座席に備え付け又は折り畳み式のテーブル装備

列車の連結部分に荷物用ロッカーを設置

車内にて降車駅でのタクシー、ポーターの予約が可能(乗務員にリクエストしてください。また、別途費用がかかります。)

1等/2等共通

1等の設備
  • すべての車両ではありませんが、1等車にはビデオ観賞用のモニターが据えられています。
  • 座席配列は広々とした1列+2列です。(便によっては個室コンパートメントもあり)
  • シートはほどよい硬さで、長時間の移動でも疲れません。
  • 便によっては運転席のすぐ後ろにパノラマ座席があります。※弊社にて手配可能。
2等の設備
  • 通路を挟んで横2列+2列の配列になります。(便によっては個室コンパートメントもあり)
その他のサービス
  • 食堂車が接続されている列車では、時間帯に応じて朝食セットメニューからアラカルトのコースまで楽しむことの出来ます。
  • バー車両では軽食や飲物などが購入できます。
  • 全てのICE にはテレホンカード式公衆電話が設置されています。国際電話も可能です。

2007年9月より、すべてのドイツ国内の列車は禁煙となりました。

  • 電車ホーム
  • 電車ホーム
予約は 区間乗車券を検索から

ICE (インターシティ・エキスプレス)はドイツを中心に運行されている、最新技術を駆使した高速列車。クオリティーの高い車内設備で快適な列車の旅を提供しています。

1991年6月2日、運行を開始した当初の最高速度は250km/hでしたが、現在の最高時速は320km/h (一部区間)。最高速度こそフランスのTGVには及びませんが、工業立国の威信と誇りをかけて建設された車両は、快適さではヨーロッパ随一と呼ばれています。車内は落ち着いた雰囲気で、ガラスと木目を多用したモダンリビング風となっており、機能を優先した他国の高速列車とは一線を画しています。

快適さのもう一つとして静音性が挙げられます。機密構造のICEは防音効果が高く、機関車両が客車から構成されているため、客車にはモーター音が伝わることがなく走行中も非常に静かでストレスのない旅行が楽しめます。また、主にビジネスユーザーをターゲットとしたICEスプリンターも用意されています。

ICEの利便性は快適さだけではなく、1時間もしくは2時間ごとに同じ時刻で出発便があることでしょう。スケジュールが立てやすいため、利用する際に安心感があります。さらに、乗り換えが便利であることも特徴です。

多くの主要駅ではICEだけではなくICやECとも相互で接続がとられるほか、極力同一ホームでの乗り換えが可能なように配慮されています。この場合、到着した列車の反対ホームに接続列車が停車しているので、到着したホームで乗換えができるようになっています。広大なドイツを網の目のように結ぶ鉄道ネットワークが有機的に結合されているのが、ドイツの旅を快適なものにしています。

また、ICEはドイツのみならずスイス、オーストリアなどにも乗り入れており、路線の拡充を続けています。
[世界に再確認される高い技術力と安全性]

最近では、ICEの高い技術と再確認された安全性を積極的に海外に展開しています。
2007年3月より運営が開始された台湾高速鉄道では日本とフランス・ドイツによる欧州連合が激しい競争を行ったことや、最近の中国の北京・上海間高速鉄道計画で争っていることは記憶に新しいニュースです。また、ロシアのモスクワ~サンクト・ペテルブルク間でICEベースの車両を使用することが今後決定されるなど、ドイツ国内だけにとどまらずその高い技術力は世界でも認められています。

*上記内容は予告なく変更となる可能性があります。予めご了承くださいませ。

 
 

ICEの乗り方 (step①~⑦)

ICEの乗り方をご紹介

①ICEの主な発着駅

ICEはドイツ国内を中心に隣接国の主要都市へも運行しています。

フランクフルト空港駅などにも乗り入れているので、空港からそのまま地方都市へも移動できます。

  • フランクフルト中央駅

    フランクフルト中央駅

  • ベルリン中央駅

    ベルリン中央駅

  • ニュルンベルク中央駅

    ニュルンベルク中央駅

  • フランクフルト空港駅

    フランクフルト空港駅

  • ケルン中央駅 大聖堂のすぐそば

    ケルン中央駅 大聖堂のすぐそば

  • コブレンツ駅

    コブレンツ駅

②駅構内

改札はありませんので、駅構内の掲示板などで出発ホームを確認して乗車します。

また、鉄道王国とも呼ばれるほど鉄道網が発達しているドイツでは海外からの旅行者にも鉄道旅行の人気が高く、駅は誰にとっても便利で使いやすい造りになっています。

  • ドイツ国鉄の案内所

    ドイツ国鉄の案内所

  • ミュンヘン駅構内

    ミュンヘン駅構内

  • 駅構内の案内表示

    駅構内の案内表示

  • 電光掲示板

    電光掲示板

③コインロッカー

多くの旅行者も利用するドイツの駅には必ずといっていいほどコインロッカーがあり、中には大型のものやオートマティック式の最新のものまで様々です。

  • フランクフルト駅のコインロッカー

    フランクフルト駅のコインロッカー

  • ケルン駅は最新のコインロッカー

    ケルン駅は最新のコインロッカー

④出発ホーム

駅によってはホームにも「行き先」「便名」「出発時間」などの表示があります。

また、大型の駅や主要路線などには乗車口に駅員が立っており、案内サービスをしていることもあります。

  • ICE出発ホーム

    ICE出発ホーム

  • ICE1等乗車口

    ICE1等乗車口

⑤ICEの座席

ICEの座席は新幹線と同じような「オープンサロン」と、個室で区切られている「コンパートメント」があります。

1等のオープンサロンはゆったりとした「2席 + 1席」の配列で、2等は「2席 + 2席」の配列となります。

コンパートメントの場合、ほとんどが6名用個室となります。

※便によってはパノラマ座席あり。弊社にて予約可能。

  • ICE1等オープンサロン

    ICE1等オープンサロン

  • 1等コンパートメント

    1等コンパートメント

  • ICE2等オープンサロン

    ICE2等オープンサロン

  • 運転席後方のパノラマ座席

    運転席後方のパノラマ座席

⑥食堂車

1等・2等ともに食堂車やバー車両を利用できます。

また、1等には座席に備えられたメニュー表から飲み物など注文してケータリングすることもできます。

  • 1等のケータリング

    1等のケータリング

  • 食堂車

    食堂車

⑦荷物置き場、トイレ

大きな荷物は車両端の専用荷物置き場へ。もちろん座席上の棚も利用できます。

トイレも車両端に設置されています。

  • 荷物置き場

    荷物置き場

  • トイレ

    トイレ

予約は 区間乗車券を検索から

鉄道写真

  • 車両外観

*上記内容は予告なく変更となる可能性があります。予めご了承くださいませ。